【フランス大学留学】フランスの大学に進学するメリット3つ

【フランス大学留学】フランスの大学に進学するメリット3つ

高校生の時から、漠然と「海外の大学に留学してみたい!」と考えていた筆者。 アメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリア・ニュージーランドなどの英語圏の大学も検討したものの、結局フランスの大学に進学することにしました。その理由を「フランスの大学に進学するメリット」として纏めてご紹介したいと思います! 大学の学費が安い アメリカなどの英語圏の大学の学費を見たことがありますか。学校によって異なりますが、年間で350万円から600万円など高額です。アメリカの大学は4年制なので、4年間の学費だけで1,400万円から2,400万円かかります。これに生活費がさらにかかるとなれば、高校生のアルバイトでどうにかなる金額ではありません。 一方で、フランスの大学の学費は格安です。「高等教育を受けるのは基本的人権の内の一つだ」として、フランス政府が学費を負担してくれるためで、その援助は外国人の場合も適用されます。 学士課程 年間 2,770ユーロ = 約50万円 修士・博士課程 年間 3,770ユーロ = 約65万円 英語圏の大学と比べると、圧倒的に安いです。また、英語圏の大学と比べるまでもなく、日本の大学よりも安いです。 日本の私立大学に4年間通った場合にかかる金額は約1,600万円。フランスの大学に3年間通った場合にかかる金額は約150万円。 そして得られる学位は同一の「学士 / License」です。 ちなみに、 筆者が留学していた2016-2019年は、学資課程の学費は年間300ユーロ、日本円にして37,000円でした。 日本の大学に進学する場合にかかる金額と得られる知識を比較して、フランスの大学に進学しようと即決しました。 *その後、フランスの法律が改正され、EU圏外の外国人留学生の場合は学費が約10倍になりました。 国際的な環境に身を置ける 日本のどんな大学のホームページを見ても「国際交流」「交換留学支援」など、外国との交流を推進するメッセージが書かれている近年。 日本にいながら国際交流をする事も可能ですが、自らが少数派になる体験をすることも大切。 フランスに行けば、フランス人に囲まれるのはもちろん、世界中からフランスに留学に来た学生と出会い・交流することができます。 外国人と交流する、のではなくて、自らが外国人になる場所へ飛び込む 実際に、フランスの大学ではたくさんの国籍の友人ができました。日本にいる外国人は、日本に興味があったからこそ来た人。フランスにいる外国人は、必ずしも日本に興味があるわけでは無い人。「母国の外からの視点を知る」という意味では、大学での出会いは大変貴重な経験になりました。 国籍の例・ドイツ🇩🇪・イタリア🇮🇹・オランダ🇳🇱・その他ヨーロッパ各国🇪🇺・アルゼンチン🇦🇷・スリランカ🇱🇰・ベトナム🇻🇳・中国🇨🇳・台灣🇹🇼・キューバ🇨🇺・カザフスタン🇰🇿・ロシア🇷🇺・トルコ🇹🇷・メキシコ🇲🇽 英語以外の言語を磨くことができる 「英語ができる」ということは、中学・高校で英語の授業が必須の日本社会においては当たり前。 一方で、英語以外にも言語ができることは、必ず将来メリットになると確信し、バイリンガル以上を目指せる環境に身を置きたいと考えました。 日英仏のトリリンガルになれる 母語である日本語と、基本的国際言語である英語、そしてプラスアルファのフランス語を身につけることで、真の国際人として活躍できると考えました。 フランスの大学に進学した後にも、継続的にフランス語学習をすることができます。*フランス語の授業は外国人留学生の必須授業として設定されていました 最後に 高校生になると「進路をどうするか」「何を学びたいか」と色々悩むと思いますが、フランスの大学への進学も、その一つの道として存在するんだよ〜とお伝えしたくて「フランスの大学に進学するメリット3つ」と題して執筆しました。 フランスの大学留学について、また別途情報発信したいと思います。 「待ってられないよ!質問があるよ!」という方は、instagram @chiaki28961にご連絡ください🥰 それでは、また!

【ベトナム新聞社】世界を旅する日越夫婦特集 – リンク集

【ベトナム新聞社】世界を旅する日越夫婦特集 – リンク集

こんにちは!🇻🇳 今回は、ズンと千晶の人生と世界一周旅行について、ベトナムの新聞社からインタビューを受け、その内容が記事として発行されましたので、記事のリンク集を公開します。 DAN TRI ザンチー新聞 DAN TRIは、ベトナムで最も有名な新聞社の1つ。政治・経済・文化など全てのトピックに関する情報を発信する総合新聞社です。 📝メモ日本の読売新聞や朝日新聞のような新聞です。今回は、「旅行」カテゴリの記事として、私たちのストーリーが掲載されました! DAN TRIの新聞記事の日本語訳版は、上記の記事をご参考ください🥰 VIETNAM NET ベトナムネット新聞 Vietnam Netは、ベトナムのオンライン新聞です。グローバル向け発信も実施しており、英語・フランス語・ロシア語・中国語・日本語など様々な外国語でも発信をしています。 VIETNAM NETの新聞記事の日本語訳版は、下記の記事をご参考ください。 TUOI TRE トゥオイチェー新聞 TUOI TREは、ベトナムのオンライン新聞です。 TUOI TREの新聞記事の日本語訳版は、下記の記事をご参考ください🥰 VNEXPRESS ヴェーエヌ エクスプレス新聞 VN EXPRESSは、ベトナムのオンライン新聞です。 最後に リンク集をご覧いただき、ありがとうございました! 初めて新聞社から取材依頼を受けた私たち。ワクワクしながらインタビューに臨みました。インタビューを受けたのはトルコのイスタンブールのホテルで、オンラインでのインタビューでした。私たちの話を取り上げていただき光栄です。 それでは、また!🇻🇳

【TUOI TRE】世界を巡り、若さを謳歌する若い1年を「買う」

【TUOI TRE】世界を巡り、若さを謳歌する若い1年を「買う」

TUOI TRE とは TUOI TREは、ベトナムで有名なオンライン新聞社の1つ。 記事 – 日本語訳 Vợ chồng Việt – Nhật ‘mua’ một năm tuổi trẻ để đi 20 quốc gia 日越夫婦が20カ国に行くために若い1年を「買う」 Chứng kiến khoảnh khắc sinh tử của vợ ngay trước mắt trong đại dịch, anh Ngô Quang Dũng và vợ quyết định tạm dừng những năm tháng “làm việc từ 8h…

【VIETNAM NET】「仕事を辞めて、1年間3大陸を旅する『輝かしい青春』を過ごそう」

【VIETNAM NET】「仕事を辞めて、1年間3大陸を旅する『輝かしい青春』を過ごそう」

VIETNAM NET とは VIETNAM NETは、ベトナムで有名なオンライン新聞社の1つ。 記事 – 日本語訳 Chồng Việt rủ vợ Nhật nghỉ việc, dành 1 năm ‘tuổi trẻ rực rỡ’ vi vu khắp 3 châuベトナム人の夫が日本人の妻に仕事を辞めて、一年間『輝かしい青春』を過ごすために3つの大陸を旅しようと誘う Đặt chân đến 11 quốc gia ở châu Mỹ và châu Á, tiếp tục hành trình du lịch bụi xuyên lục địa tại châu Phi, cặp chồng Việt…

【DAN TRI】ベトナム人夫と日本人妻が仕事を辞め、“心を満たす“世界旅行へ…

【DAN TRI】ベトナム人夫と日本人妻が仕事を辞め、“心を満たす“世界旅行へ…

DAN TRI とは DAN TRIは、ベトナムで最も有名な新聞社の1つ。政治・経済・文化など全てのトピックに関する情報を発信する総合新聞社です。 📝メモ日本の読売新聞や朝日新聞のような新聞です。今回は、「旅行」カテゴリの記事として、私たちのストーリーが掲載されました! 記事 – 日本語訳 Chồng Việt vợ Nhật nghỉ việc, đi du lịch khắp thế giới để… “chữa lành”ベトナム人夫と日本人妻が仕事を辞め、“心を満たす“世界旅行へ… (Dân trí) – Sau 5 năm làm việc tại Nhật Bản, vợ chồng anh Dũng quyết định nghỉ việc, dùng một phần tiền tiết kiệm để thực hiện kế hoạch du…

【異文化理解】あなたの「当たり前」は、「当たり前」じゃない!異文化理解のはじめの一歩

【異文化理解】あなたの「当たり前」は、「当たり前」じゃない!異文化理解のはじめの一歩

外国人の行動に、「え?」と驚いたことはありますか?自分が当たり前だと想っている事と、全く異なる行動をされて、戸惑ったり怒りを感じたりした事はありますか? 「当たり前」なことは、意外と「当たり前」じゃない 「普通は、こうするものだ」と、あなたが考えていることは、本当に「普通」のことでしょうか。 異文化に触れるという事は、時に小さい頃から教育されてきた事が覆されるような体験をすること。受け入れられる事もあれば、受け入れ難い事もあると思います。 ただ、相手の異文化を拒否するのではなくて、自分が信じている「当たり前」が、案外「当たり前」でない可能性もあることを知っておきたいものです。それが異文化理解のはじめの一歩として、重要だと考えます。 日本と他国の「常識」の違い 日本でいわゆる常識とされていることを見てみましょう。 あなたも「普通だな」「当たり前だな」と思うかどうか、チェックしてみてください😀 日本で「当たり前」とされていることの例 生活編 仕事編 交通編 食事編 上記の項目のなかで、いくつ「普通のことだ」「常識だ」と感じたでしょうか。 実は、これはどれも国によっては当たり前ではありません。上記の例に沿って、他の国では異なる「当たり前」を少し覗いてみましょう。 日本と異なることが「当たり前」とされる例 生活編 仕事編 交通編 食事編 登場した国旗メモ 🇲🇽 メキシコ🇨🇳 中国🇫🇷 フランス🇦🇺 オーストラリア🇻🇳 ベトナム🇮🇹 イタリア🇮🇳 インド🇩🇪 ドイツ🇹🇼 台湾 どちらの国の文化が正しいのか、というのは全く意味のない議論です。簡単にどちらが良い・悪いと決められる事ではないからです。国や地域が異なれば、文化が異なるのは当たり前の事。 違いを見つけた時に自分の価値観でジャッジするのではなく、相手の文化や風習に興味を持ち、違いの背景を知ろうとすることが大切です。 最後に 「郷に入れば郷に従え」と言う言葉があるように、他所の土地や環境に入ったときは、自分の習慣を突き通すのではなく、その場所の習慣やしきたりに従うのが吉。 それは、日本人が海外を旅行するときもそうですし、逆に外国人が日本を訪れる時にも言えること。自分が嫌だと思ったら、我慢せずに「自分はこう感じた」ということを、相手に丁寧に伝えることも大切です。 筆者のひとことメモ 特に、不快感と直接結びついている事象は、簡単に認識を変えられないと痛感しています。 ラーメンを「ずずず」と啜る音が、気持ち悪くて耐えられない日本在住10年のドイツ人の話を聞いた事があります。一度、「啜る音は、気持ち悪い」とインプットされると、それがどうも拭えないようなのです。日本で10年暮らしていて、麺は啜る文化があると理解していても、不快感を感じる自分を変えることはできないのです。 同じく、筆者は、「くちゃくちゃ」と音を立てて食べる地域の人と一緒に食事をするのはどうしても苦しいです「咀嚼音は、気持ち悪い」とインプットされてしまっているため、異文化と理解していても気持ち悪く感じてしまいます。 このように、全ての異文化が自分に合うわけではありませんし、合わせなければならないというわけでもありません。 自分の文化の価値観が全世界に通用するわけではない、ということを頭の片隅に置いておくだけでも、異文化理解の大きな一歩だと考えます。 それでは、また!

【国際結婚】ベトナム人と結婚する前に知っておきたい5つの価値観

【国際結婚】ベトナム人と結婚する前に知っておきたい5つの価値観

こんにちは!🇯🇵🇻🇳 ベトナム人とお付き合いして10年目、結婚して3年目の筆者から、「ベトナム人と結婚する前に知っておきたい5つの価値観」と題して、ベトナム人をより良く理解するためのポイントをご紹介したいと思います。 その1 家族を大切にする 「ベトナム人と結婚する前に知っておきたい価値観その1」は、家族を大切にする、ということ。 日本人が家族を大切にしないという訳ではないのですが、日本人の家族の繋がりよりも、ベトナム人の家族の繋がりの方がより強い印象です。 自分のことを産み育ててくれた両親よりも大切な存在は無いという前提です。家族に何かあった時には、自分にできる範囲で協力するのは当たり前と考えています。 そして、それは結婚したパートナーの両親(義理の両親)も同じこと。自分の両親とパートナーの両親を、それぞれ大切にしたいと心から思ってくれます。 日本人男性が家族の面倒の一切を日本人女性に任せて、自分は仕事に集中して夜まで帰らない…なんて、イメージを聞いた事がありませんか? ベトナムでは、明確に仕事よりも家族が優先です。仕事のために、家族を放置するなんてことは、あり得ません。仕事は、家族との幸せな暮らしのためにするもの、という考え方です。 その2 ご先祖を大切にする 「ベトナム人と結婚する前に知っておきたい価値観その2」は、ご先祖を大切にする、ということ。 日本人同士の結婚ではあまり話題にならない『宗教』ですが、国際結婚の時は相手の宗教観を知ることはとても大切だと考えます。 「価値観その1 家族を大切にする」と繋がりますが、ベトナム人はご先祖を大切にします。 ベトナム人の実家には、必ずと言っていいほど立派な祭壇があります。祭壇には先祖の写真を飾り、 毎月1日と15日には、お花や果物などをお供えするのが一般的です。自分の祖父母または両親が亡くなった後も、定期的に彼らを想い、手を合わせます。 その3 ベトナムという国・文化を誇りに思っている 「ベトナム人と結婚する前に知っておきたい価値観その3」は、ベトナムという国を誇りに思っている、ということ。 日本人の貴方は、「日本が好きだ!」という気持ちをどれくらい持っているでしょうか?「まぁ、普通かな?」なんて回答が多数を占めそうです。 一方で、ベトナム人は、ほぼ全てのベトナム人がベトナムという国を誇りに思い、且つベトナムが大好きです。 特にサッカーで盛り上がるナショナリズムは、圧巻です! 日本では、学校教育の場で「国家を歌わない教師」が問題になっていましたが、ベトナムでそんなことはあり得ません。そもそも、ベトナムを誇りに思わない教師が存在しません。 そして、忘れてはならないのが、ベトナム料理!彼らは、本当に「ベトナム料理が世界で一番美味しい」と心から信じています。笑 その4 臨機応変かつ柔軟に対応する 「ベトナム人と結婚する前に知っておきたい価値観その4」は、臨機応変かつ柔軟に対応する、ということ。 具体例で言うと、友達との約束の仕方に顕著に現れます。 日本人の筆者が一番驚いたのは、とある夏の金曜日の夜に とのズンの声がけに対して、5人のベトナム人の友人が参加することになった!という話。 その他にも、「今、家の近くに来たんだけど寄っていい?」という話が、ベトナムでは多発します。日本ではなかなか起こらない臨機応変&柔軟な対応です。 その5 お金をプレゼントすることに抵抗がない 「ベトナム人と結婚する前に知っておきたい価値観その5」は、お金をプレゼントすることに抵抗がない、ということ。 日本人でお金をプレゼントするのは、お年玉と結婚式のご祝儀…くらいでしょうか。ベトナム人はそれ以外にも、誕生日プレゼントにお金を渡したり、なんてことがあります。 そして、この「お金のプレゼント」は、両親にもします。自分が立派に成長し、社会人としてしっかり仕事をしている、と親を安心させるための手段なんだそう。 これは、ベトナム全体の習慣です。というのも「お母さんにお金を持って帰って」というタイトルの曲がベトナムで大ヒットしています。 結婚した相手のパートナーが、親への感謝の気持ちを込めて少しばかりのお金を送るというのは、よくあることだと思うので、知っておくと良いです。 最後に  「【国際結婚】ベトナム人と結婚する前に知っておきたい5つの価値観」と題して、5つの価値観をご紹介しました。 ベトナム人の友人がいる方、ベトナム人とお付き合いしている方、将来一緒に過ごす時間が長いだろうと思う方などなど、ぜひベトナムの文化や考え方を知り、お互いの理解を深めてくださいね! それでは、また!🇯🇵🇻🇳

【フランス留学】リールで暮らすなら絶対行きたいカフェ 4選
|

【フランス留学】リールで暮らすなら絶対行きたいカフェ 4選

Bonjour ! 🇫🇷 リールの街に訪れる機会があるアナタ。リールには魅力的なカフェがたくさんあることをご存知ですか?世界遺産の街の真ん中で、ゆったりカフェを楽しむ…そんな素敵なひと時を作る、おすすめのカフェをご紹介します。 Cafés Méo 一件目は、Cafés Méo カフェ メオ です。コーヒーも、ショコラショ(ホットチョコレート)も、本当に美味。地球最後の日にショコラショを飲むなら、Cafés Méo カフェ メオのショコラショを選ぶくらい美味しいです。 テラス席と2階席が選べます。2階席は落ち着いた雰囲気で席数も多くゆったり過ごすのに最適です。一方で、おすすめはテラス席。グランプラスを眺めながらいただく飲み物は最高です。 View this post on Instagram A post shared by Méo (@cafes.meo) View this post on Instagram A post shared by Méo (@cafes.meo) Maison Méert 週末になるとリールを訪れるイギリス人観光客でいつも賑わっているのが、Maison Méert メゾン メール。現在も営業している世界で最も古いパティスリーの1つで、起源は1761年まで遡ります。 View this post on Instagram A post shared by Maison Méert (@meert_1677)…

【フランス留学】リール大学卒業生が教える、行く前に知りたいリールの街情報

【フランス留学】リール大学卒業生が教える、行く前に知りたいリールの街情報

Bonjour ! 🇫🇷 フランス留学を志して準備を進め、遂に滞在先が Lille リールに決まった!そんな貴方に、行く前に知りたいリールの街情報をお送りします。 2015年、リールに関する情報を集めようとした筆者は驚きました。 「リール」のキーワードで一番最初に表示されたのは、釣り竿のリールでした。(そりゃそうだ、検索する単語が悪い!という声が聞こえてきそうですが🤣笑) リールに留学することが決まった方に向けて、行く前に知りたかった街情報をリール大学卒業生の筆者がご紹介します! リールの位置 まずは Lille リールの街の位置を確認してみましょう。 オー・ド・フランス地域の地図 Lille リールは、フランスの一番北の地域 Hauts-de-France オー・ド・フランスに位置しています。 リール中心街の地図 リール中心地は、リール Lille, ルーべ Roubaix, トゥールコアン Tourcoing, ヴィルヌーヴダスク Villeneuve d’Ascq, アルメンティエール Armentièresなどの街で構成されています。 リールにある大学のキャンパスは、リール中心街のあちこちに点在しています。 例えば、筆者が通っていたリール大学のキャンパスは、ヴィルヌーヴダスク Villeneuve d’Ascq、 ルーべ Roubaixにありました。 リールの交通手段 Lille リールでの主な交通手段は以下の3つです。 ・Métro メトロ・Tramway トラムウェイ・Bus バス 日本のPASMOのように、Carte Pass Passというカードがあります。作成すると便利です。(ただしリール地域圏のみで利用可能なカードです。他県では利用できません。) 赤ラインと黄ラインがメトロ、青ライン・緑ラインがトラムウェイです。メトロに時刻表はありませんが、数分に1本と高頻度で運行しています。 リールの街並み フランスには数多くの世界遺産がありますが、実はリールの街自体も世界遺産ということをご存知でしたか? 暮らす街は世界遺産! リールは本当に美しい街です。リール市庁舎と鐘楼が「ベルギーとフランスの鐘楼群」としてユネスコの世界遺産に登録されています。それらの建物が位置するグランプラス Grand Placeは、散歩するにもカフェでゆっくりするにも最高の広場です。 グランプラス Grand Place の様子 View this…

【宗教観】チャペルの結婚式の”神父”は大抵ただのアルバイト

【宗教観】チャペルの結婚式の”神父”は大抵ただのアルバイト

結婚式場の広告を見ていて思うことがあります。それは、キリスト教”風”の結婚式が多いと言うことです。 教会”風”の作りの式場で、誓いの言葉を述べて、讃美歌を歌う…. フランスで本場のキリスト教の教会が身近にある環境で暮らしていた筆者にとって、日本の結婚式場の教会風の建物は、残念ながら至って歪に見えます。聖書を読んだこともないカップルが、十字架を前に誓うというのも、筆者にとってはとても不思議です。 前回の結婚式場広告の白人至上主義批判に続き、今回は適当すぎるキリスト教”風”結婚式ビジネスへの問題提起です。 【宗教】キリスト教”風”は、宗教の冒涜 キリスト教とは そもそも、キリスト教がどのような宗教かご存知でしょうか。キリスト教は、一言で伝えるならば、イエスを救世主と信じる宗教です。信者は世界で約24億人にのぼる、世界三大宗教の一つです。 キリスト教”風”とは – キリスト教徒に成りすまし さて、広告代理店の努力が実り、「素敵なチャペルでウェディングドレスを着て、愛を誓いたい」という日本人女性は現代でも多いようです。 ここで質問です。 彼女たちはキリスト教徒なのでしょうか?聖書を読んだことがあるのでしょうか?日曜日のミサに参加したことがあるのでしょうか?食事の前に神に祈りを捧げたことがあるのでしょうか?「アーメン」と人生で何回言ったことがあるのでしょうか? 全ての回答が「いいえ」または「ほぼゼロ」だったとして、キリスト教の宗教施設で祈りを捧げたいというのは、結婚式の時だけキリスト教徒を装って神に祈ろうとしているのでしょうか? 重ね重ねですが、キリスト教は宗教です。信者でないのにも関わらず、そこだけキリスト教で結婚式を進めようとするのは、本当の信者からどう思われるでしょうか。宗教を軽んじていると思われても致し方ないのではないでしょうか。 まとめ 【宗教】キリスト教”風”でいいのか いつもは全くキリスト教に興味がないにも関わらず、結婚式の時だけキリスト教徒として神に誓おうとするのは、キリスト教信者に宗教を軽んじていると思われても致し方ない。 【会場】そもそもキリスト教の教会ではない みなさんは、キリスト教の教会に行ったことがありますか? 信者が祈りを捧げるために足繁く通う教会と、日本のキリスト教”風”の結婚式場の雰囲気は、全く違います。キリスト教徒が多い地域を複数見た後に日本の結婚式用チャペルを見ると、何もかもが適当な模倣品に見えてしまうのです。 日本の結婚式用の教会風建造物と、フランスの教会を比較してみましょう。以下は、筆者が散歩中に通りがかったことのある日本の結婚式場の写真です。 View this post on Instagram A post shared by 横浜の結婚式場 | アニヴェルセル ヒルズ横浜【公式】 (@anniversaire_hillsyokohama) View this post on Instagram A post shared by 横浜の結婚式場 | アニヴェルセル ヒルズ横浜【公式】 (@anniversaire_hillsyokohama) 美しいと感じる人も多いのかもしれませんが、キリスト教の宗教施設ではありません。 以下は、筆者が暮らしていたフランスの街の教会の写真です。 View this post on…